読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れ

頭に浮かんだいろんなこと

繋がりというセーフティネットが働かない時代

心と体

俳優の高畑裕太容疑者が性的暴行で逮捕された。
彼曰く、性衝動が止められなかったと。
しかし、だ。自分の立場を考えれば、過ちがどれほど大きな損失を生むか、容易に想像できる。
今週末の24時間テレビのドラマに出演し、現在放送中のテレビドラマに出演し、映画に出演しているのだ。
それも母親は女優である。

これ以上無いほどの迷惑を掛けることが、性衝動に駆られた瞬間に頭をよぎらなかったのか。

時期同じくして、4人の子供を母親が殺し、中学受験をめぐり口論となった父親が我が子を殺害した。
これもまた、殺人という最も重い罪なのに、命を奪うということの大きさに考えが及ばなかったのだろうか。

昨今の犯罪は、この罪を犯したらどうなるのか?という想像に欠けた人々によるものが多いと感じる。
世界に自分しかいなくて、自分さえよければ、自分が耐えきれないから、とあっさり相手を傷つける道を選ぶ。
その結果として、自分に関わってきた多くの人を傷つけることになるというのに。

ご飯を食べたければコンビニがあり、実社会に友達がいなくてもゲームやネットがあり、学校に行かなくても学ぶ方法が発達した現代、人の世話になり、人に頼る機会がめっきり減った。
頼らなくていい、よく言えば独立した世界は、いとも簡単に人を犯罪の道へと誘い込むのだろうか?

どんなに文明が発達しても、人の繋がりを切ることはできない。
無人島で、完全にゼロから文明をつくり、生きていける人などいないのだから。
ネットがあれば・・・という人は、そのネットという概念から見つけ出さないといけないのだ。もちろんその技術に取り入れられている様々な数式や物理方式も自らが見つけ出さなければならない。そんなことたった一人で出来るはずない。

生かされているという概念にあまりに欠ける。
自分がいる、ということは、相手もいる、ということ。
自分が便利と感じるということは、便利な道具を作ってくれる人がいたということ。
単独では存在できない、対になる相手が常にいる。
おごった考えで、まるで自分が神になったかのように、自分だけの物差しで世界を判断していいはずがない。

でも実際にこのようなことが起きているのだから、我々は自分以外の他者という存在に対して、今までとは違う哲学的倫理観を形作らなければいけない時期なのだ。
残念だが、学校で「人を傷つけてはいけません。自分も傷つけられたくないでしょ?」と教えただけでは通じない社会になってきたようだ。

手術不可能なほど深刻な状態の方へ

医学

これから何度かに分けて
脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線

で学んだことを、述べていく。
著者はコロンビア大学精神分析研究センターおよびトロント大学精神医学部の所属する精神科医、ノーマン・ドイジ氏。

第一回は、切除手術を薦められるほどの重傷を負った患者、例えば糖尿病腫瘍、交通事故による重傷者、ペルペス感染症帯状疱疹、やけど、乾癬、湿疹をターゲットにした治療法について、記述する。

治療方法は、ズバリ「光」を用いる。
光の中でも、波長と強度を担保できる低強度レーザーを使う。
(Cf:高強度レーザーは医療現場で焼き切るときに使う)

人間の光受容体は、皮膚や目など表面にのみあるように思われているが、実際は身体の深部にも存在する。
患部に届いたレーザーは膠原組織に働きかけ、例えば壊疽を起こして黒ずんだ皮膚をピンク色の健康な状態に戻す。
これは傷ついた組織に血液を供給する能力が失われた状態で、レーザーを当てると、正常な血液循環が取り戻せたことを指す。

レーザーによる効果はこれに留まらない。
アキレス腱の断絶、変性骨関節炎も治すことができる。
よく耳にするのは、老化によって軟骨が減り、骨と骨がこすれ合うことでひどい炎症と激痛を起こした場合、鎮静剤を処方するといった対処である。
医学部では、軟骨が失われると交換が不可能なため、鎮静剤で炎症を抑えるのが王道であった。
しかし、薬による副作用があることから、万能な対処とは言えない。

その点、レーザーならば軟骨を再生できるので、抜本的対処になり、もちろん薬は不要だ。
若年性リウマチ、椎間板ヘルニア繊維筋痛症状、イボ、スポーツ膝・腰、肩の負傷、反復運度過多損傷にも効果があり、手術を回避出来る可能性がある。
外傷性脳損傷脳卒中抑うつにも効くという。

40年間の治療実績をもって、安全で、取り立てて副作用もないことが分かっている。

著書には様々な病気に対する治療効果が認められたとあるが、私は専門家ではないので、その理屈について説明できる能力が無い。
なので、例に挙がっている病気を全て列記するので、該当する方は、侵襲的外科治療をする前に是非本書を手にとってみて欲しい。

《病例》
脳腫瘍肥大切除手術による障害-嚥下障害、平衡感覚欠如、歩行困難、認知・記憶力低下、短期記憶障害、音鋭敏性による不快性増大、縞模様に対する不快性増大
毛包炎
慢性的な炎症-関節リウマチ、狼瘡
肩回施筋腱板損傷
骨関節炎
座骨神経痛
副鼻腔炎
子宮内膜症
皮膚ガン(あまり重くないもの)
末梢神経系の治療
皮質卒中(視野の一部欠損)
アルツハイマー

使用するレーザー光は、カイロプラクターなどが使うものとは異なる。
高性能なコンピューターに接続されていて、専門のスタッフがつねに設定を変えながら治療方法を調節する。
患者の皮膚の色、年齢、脂肪や筋肉に量すべてを考慮の上で、光の周波数、波形、エネルギー量を調節する。

有効な治療法が見つからず、困っている方がいるならば、レーザーによる治療法を検討に入れてみてはいかがだろうか?

病気の治癒とは、ただ合う薬を待ち続けることなのか?

うつ病

心の問題に感心を持ったとき、同時に脳神経にも強い興味を持った。
というのも、「心」というものは実態がなく、脳による「認知」が全てだから。

脳による認知、即ち脳神経に関する著作
脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線
の中で、P110

パーキンソン病の治療における投薬の強調は、そもそも受動性を助長する可能性のある疾病に直面している患者を、余計に受動的にする効果を持つのかもしれない。一般的な医療モデルでは、患者は投薬を受けながら、より効果のある新薬が登場するのを待つ。病院では、病気の進行をチェックし、薬の副作用を検査する。治療は、患者の状態の悪化と、薬学研究の進歩のあいだの競争になる(いずれに関しても患者はどうすることもできない)。かくして患者の健康に対する責任は他者の手に移る。このように考えるペッパーは、投薬のみに依存することが、患者の状態の悪化を早めているのではないかと考えるようになった。

という記述がある。
これかパーキンソン病に関してだが、ドーパミン(パーキンソン病に関する脳内物質)とセロトニン(うつ病に関する脳内物質)という違いすらあれ、脳内の分泌物という点で共通なのだから、同じことが言えるのではないか、と思うのだ。

病気というのは、-医者に掛かり、医者に治してもらうもの-という意識は、ごく当たり前の考えのように思う。
しかし、この著書を読み進めるにつれて、病気というのは身体全体、もっと言えば身体を司る脳、つまり意識により活性化される脳神経が上手く扱えなくなることによって起こっているのだから、扱い手である患者が受動的であっていいはずがないという考えに変わった。

西洋医学の考えならば、手を動かすのは、手の筋肉を動かすことだから、その経路が寸断されたら動かないと諦める、が是であるのに対し、東洋医学の考えだと、手を動かすのは、人間全体なのだから、訓練をすれば動かせるようになるが、是となる。
そして、我々は生きている限り、細胞は生まれ変わり、変容するのであるから、東洋医学の考えもあって当然なのではないか。
むしろ、そっちの方が自然だろ、とさえ思う。

iPS細胞が発見された今、高等動物である人間の細胞でさえも、初期化できる。
ならば、通常使われる経路が寸断されたとき、別用途で使われていた経路を一旦初期化し、代替手段として使うことは十分に考えられる。
ただし、必要で十分な強度の刺激が与えられることが条件だ。

その刺激は、理学療法士によって外から与えられるのではなく、機能しなくなった身体を抱える患者本人こそが、与えるべきである。
24時間、どんなときも、自分に寄り添うのは自分。
自分で自分をケアする術を身につける。
このことが、後々起こるであろう、もっと不便な身体の自由がきかない未来を生き抜く術となる。

動かなくなった身体にムチを打って、努力しろといっているのではない。
むしろ専門家による精神的サポートをもって、心にゆとり(脳神経の鎮静と正常なリズムの再獲得)を生み、そこに新しい刺激を入れていこうといっているのである。

ゆとりを生む方法として、著作の中では、舌にPoNSという弱い電流を流す機械を入れたり、低出力レーザーを使ったり、音楽療法を用いたりと全くなじみのない、むしろ一瞬エセか?と思うような方法が採られている。
それでも数々のエビデンスがあるようだから、ただ受動的に薬一択というのは、考えを改めた方がよさそうだ。

医者から治りません、絶望的ですと言われた人こそ、この本を読んで欲しい。
諦めるのはまだ早い。
自分で出来ることを見つけて、QOLを上げて行って欲しいと願う。

無理はしない、でも変わる

アダルトチルドレン

新幹線で遠出したので、暇つぶしにそこそこ有名な方の心理本を読んだ。
さすが有名なだけあって、言っていることは的を射ているし、独自の視点もある。
ただ、一つ気になったのが、
「あなたは元々価値ある存在だと思い込みましょう」というとこ。

価値ある存在って思い込めたらどれだけ楽だろう。
ACはそう思う。
周りからいいことを言われたら、自分は価値ある存在と思い込めるだろうか?

一般にいいこと、即ち褒める行為とは、人格や能力を評価する賛美を送ることである。
でも、褒められた方は、”私はそんな優れた人格(能力)じゃないし、一度そう思われたらそのように有り続けなければいけな気がして窮屈”と感じる。
よかれと思って言った賛美が、相手を劣等感で満たし、自由を奪う根源と化している。

褒めるが使えないとすると、次は何か?
功績か?栄えある結果か?
アンラッキーなことにそんな物に恵まれない人は、一生自己否定感に悩むのか?

違う。
誰しもが等しく自分を認められる権利を持つ。
自分は自分であって当然、自分は自分らしくいて当然、という当たり前の感性を手に入れるためには・・・。

自分が抱いた感情を他者に追認してもらうこと。
理不尽な目に遭って、相手に「○○なことがあって、本当に腹が立った。許せない!!」と愚痴ったら、「まぁ、そんなことがあったの。怒りが湧いてくるもの無理ないわ」とわき上がった怒りを追認される。
すると、怒りはぱっと消え、「今回は運が悪かったわ。次はそうならないように策を打つわ」と建設的解に目が向く。

このループを体験することで、自分の感情は存在して当たり前のものであり、自分という存在がイメージとして明瞭に現れてくる。
これが自分を価値ある存在と思う大切な一歩なのだ。
実際脳の中では、今まで怒りが湧いたときに発火する神経回路が、別の回路に切り替わるという事が起こっている。

新しく生まれた回路は、その後何度も同じところが活性化することで、太さを増し、発火しやすくなる。
こうやって、徐々に自分は自分そのままでいいんだという感覚を育んでいく。

聞いてくれる相手は、慈愛に満ちた人生経験豊富な人(優しい祖父・祖母)か、訓練を受けたカウンセラーが良い。
間違っても友達に相手をさせてはいけない。

今までの自分に満足が行かないなら、変わろう。
ただし、無理に変わるのではなく、ゆっくりと方向性を変えることで、自然とそうなる、という意味で変わろう。
変わってしまっちゃった、くらいの感じで。

残念ながら、今の日本で、感情の追認に特化した治療をする病院はないと思われる。
今、色々と本を読みながら、どうやればACの自己肯定感を上げられるのかを考えている。

だいぶ見えてきた。
遠くない未来、わき上がった感情を成仏できる手法を編みだして、自己否定に苦しむ皆さんを少しでも楽にしたいと思う。

アラフォーになって知った事実

健康

久しぶりに旧友と会った。
お互いに年を重ねたが、印象は変わらない(らしい)。

とてもしっかりした子で、かわいらしさと生真面目を備えた点は今も昔も変わらない友。

さて、その彼女が
「最近、家を出るときガスを切ったかどうか、なんども確認してしまう。挙げ句スマートフォンで写真を撮って、出先からでも確認しないといけないくらいになっている。ちょっと異常かしら?」と言った。

なるほど、ガスの点けっぱなしは火災が起きる原因になる。
一家の安全を守る身としては、【確実に】ガスを切らないと、安心できないのだ。

これは私の母に通じるところでもある。
ガスを切ったか、なんども確認していた。
一種の主婦病なのだろう。

しかし、本人が異常と感じているからには、何か手を打った方がよさそうだ。
あまり酷くなると、強迫神経症を呈する。

極端な考えに取り付かれる時、人は現実を見ていない。
自分の描いた最悪のストーリにおびえている。
そんなところへ、他人が「気にしすぎだよ」と言ったところで、慰めにもならない。
本人は火災が起きるなんてとんでもない、という気持ちでいっぱいなのだから。

火災なんて起きないよという確実なものを一つ一つ積み重ねることで、妄想から距離を置く。
不安より安全を引き寄せる。
ということで、まずはガスコンロの安全性を確かめることから。

昨今のガスコンロは、ほとんどがセンサー付き。
高温になりすぎると弱火になったり、自動的に火が消える。
またタイマー機能が付いていて、料理に合わせて設定した時間に消えるだけでなく、点火のMAX値を決められる。
どんなにぼーっとしていようが、MAXの時間までカウントアップすれば消える。

即ち、高い温度になりすぎないようコンロが自動制御し、火が付きっぱなしにならないようにタイマーコントロールが組み込まれている。
コンロの周りに燃えやすいものでも置かない限り、まずもって火災になることはないだろう。

コンロ周りをスッキリと片付けていれば、火を消すのを忘れてもちゃんと消火してくれる。
この事実をもって、巨大にふくれ上がった妄想が少しでもしぼんでくれることを願う。

ちなみにうちのコンロのMAX値は120分であった。
2時間火を点けっぱなしは危ないので、60分に設定しなおした。
それでも料理に合わせて設定する時間は99分までいけるので、大概の料理は調理中火が消えて困った~なんてことにはならない。
グリルは18分で消えるのだそうだ。

コンロの設定だけでは心配、火災が怖いよぉ~という人は、電車の点検よろしく出かける前にコンロの前で指さし確認すること。
習慣にしてしまえば、火を点けっぱなしということはなくなるだろう。

延々自分語りをする老人達

対話

お盆ということで、実家に帰省された方が多いのではないだろうか?

アラサー、アラフォー、アラフィフ辺りの年代だと、親は60才を超えて老年期に入っていることだろう。
そんな親世代の話方には、とても分かりやすい共通点がある。

ズバリ「自分語り」である。

全然知らぬ知人の話に始まって、自分の経験したこと、従姉妹や兄弟の話、孫自慢。
ひたすら、しゃべり続ける。
聞いているこっちは、「ふーん」以外返しようがない。

彼らの目的はたった一つ。
自分の感じたことを帰ってきた子供達を使って実感したい。

「へぇ~、お母さんこんな体験したんだ~!!」
「そんな知人の人が知り合いなんて、顔が広いね」
「従姉妹の○○ちゃん、今そうなんだ(心の中で値踏み)」

そうやって、自分の見たこと感じたことを子供にトレースしてもらって、”やっぱり子供は私のコピー、なんでも分かってくれるわね”と感じたい。

しかしながら、当の子供は全く異なる価値観のため、親の感覚について行けない。
かくして、親のマシンガントークを前に呆然と立ち尽くすのである。

この不毛な時間を、不毛だと思っているのは子供だけで、親はそれでも満足なのだ。
というのも、この手の話は他人に嫌がられるので、聞いてくれる人がいないから。
子供なら、「帰省をしたら、親の話を聞くもの」という縛りで、拘束できるので、満足行くまで話倒せる。

皮肉なことに、そうやって大切な子供との時間を不毛なものにし、親自らが嫌われるように疎まれるように仕向けているということに、気づけていない。

話というのは、相手を分かろうとする態度があってこそ成立するのであって、自分が話そう、分かってもおうとしていては、聞き手は疲れるばかり。
そういうのは、お金を払ってカウンセリングでやるものです。

自分の中でけりをつけることをなく、感情ダダ漏れで他人に押しつける親の愚弄を前に、心がぐったり疲れて帰路につく子供側の皆さん、労働お疲れ様でした。

感情を理解されると、なぜ心は落ち着くのか?

カウンセリング学習

人は自分の中にわき起こった感情を、他者に受け取られると、素直に行動に移行できる。
自分の感情なのに、他者に理解されることを求めている。
まるで、自分で自分に責任を取っていないかのよう。
その感情の発生源は、まぎれもなく自分なのに。他者は全くの無関係。

自分の感情を外に出す。話すことによって自分を客観視する。でも、そこに他者の理解がなければ、感情はその場に留まる。
理解されることによってのみ、感情は消失する。

私は今まで、「ノートに書き出してはどうか?」と提言してきた。
ノートに書き出しても、スッキリする。
しかし、他者に共感される方がもっと心の底から味わいを持って感情が消え去る。
しっかりかみ砕いて、消化した感じ。

ただの客観視なら、ノートで十分。なのにどうして他者の共感の方が、より深く感情を成仏させられるのだろう。

共感されると、ホッとする、心の底から自分を肯定できる。
自分の感情が正しかったと、当然だったと、言われている気がする。

そうだ!
自分と分離した他者が自分の感情を正当化してくることで、「そういう感情を持っていいんだ」という自己肯定感が生まれる。
客観的にみて、私の感情は起こるべくして起こったのだと、お墨付きをもらった気がする。
他者の共感によって、私は間違えていないという確証に繋がる。

誰でも自分を正しいと信じたい。
自分の正しさを証明したい。
だから他者からも自分の感情を認められると、その感情を持ったことが許される感じがする。
自分のあやふやだった感情が確定する気がする。

自分が今こう感じて、ここにいるんだ!ということを肯定したい。
私という存在そのものを、確定したい。
「我とは何か?」を求め、「感じた我」にお墨付きをもらい、私はここに居てよいのだという安心感を得たい。

自分という存在が認められ、確かなものになったときに初めて、冷静に次のステップに進もうとする。

私という不確定性を私という確定性に変えることが、他者に共感される意味である、と思う。

疲労感の溜まる会話してませんか?

対話

親しい人と話していても、別れてからほっとすることがある。
一方で、道ばたで出会った見知らぬ人と、ついつい話し込んでしまい、名残惜しさを残しながら帰路につくことがある。

知っているから、気心知れた会話が出来るというわけではなさそうだ。

では、どういうときに疲れを溜めるのだろう?
・全否定されるとき
・自慢話を聞かされるとき
・愚痴を聞かされるとき
・噂話を聞かされるとき
・妙な詮索を受けるとき
・全然自分と関係ない世界の話を聞かされるとき

くらいか?
どの話も、”(聞いている)私が価値ある存在”と感じられず、ヘタをしたら”(そんなことも出来ていないのか)と自己否定する”原因になっている。

当たり前だが、延々罵倒されたり、無意味なことを強いられると、人は鬱っぽくなる。
そのマイルド版が上記の会話だ。

全否定は、自分否定に
自慢話は、(私は自慢することないよ・・・と)自己卑下に
愚痴は、気分悪化に
噂話は、俗的いやらしさに
詮索は、自白強要に
無関係な話リピートは、時間の無駄に
つながる。
鬱状態まではいかないが、似たような感覚に囚われているように感じられはしないだろうか?
作り笑顔で対応せざるを得なくなるわけです。

反対に、元気をもらう話とは
・嗜好話に花を咲かせたとき
・考えを上手く軌道修正できたとき
・相手が自分を大切にしてくれてると感じたとき

だろうか?
自分という存在を後押ししてくれる話が出来ると、肯定感と勇気が湧いてくる。
自然と発生した笑顔は、その人と離れてすぐ消えることはない。

自身の会話を振り返ってみると、後者のような応対が出来ておらず、相手に笑顔というお面を張り付かせてしまっている。

もう少し、話がもたらすベネフィットを分析して、相手の疲労感が溜まらないように努めたいものだ。

ハサミを新調してみた

特選品

見た目がかっこよく、切れ味抜群のPLUSフィットカットカーブ。
先端が切れにくくなったので、新しいものを買いました。
f:id:idea-for-life:20160802133701j:plain

左がNEWで右がOLD。
ちょっとだけNEWの方が、刃先細め。

使っていて一番摩耗したのは、握るところ。
f:id:idea-for-life:20160802133749j:plain

左NEW、右OLD。右の上辺りが擦れているの分かりますでしょうか?
なんでもジョキジョキしていたので、うーんと力を入れることもあり、樹脂がめくれ上がってきました。

刃先はというと、
f:id:idea-for-life:20160802133910j:plain

若干色が白っぽくなった気がします。
刻印されてる文字も違う。

耐久性は、OLDが5年もったので、同じくらい持ちこたえて欲しいです。
amazonタイムセールで535円とかなりオトクでした。

切れ味抜群で青のコーティングがクールなハサミです。
リンクを張っておきますので、興味ある方は覗いてみて下さい。
プラス はさみ フィットカットカーブ プレミアムチタン 左右非対称 プレミアムブルー 34-553

弱い者を虐げる世界への対処

仕事

去年職場で虐待を受けた障害者が970人に上ることがニュースで報じられた。
障害者施設に侵入して、40人以上を襲い19人もの人を殺める事件が発生した。
この二つのニュースは、いずれも弱者である障害者をターゲットとしている。

腕力、知力の弱い者は不当な扱いを受けても、十分に反撃出来ず押し黙ることが多い。
そのことを悪用して、やりたい放題するヤツがいる。
そういうヤツは、強い者には絶対攻撃しない。ブーメランになって自分に返ってくると分かっているから。

いつの時代も弱い者へのしわ寄せは消えない。
「人間は他人を思いやれる知性あふれる生き物だから、人を信じなさい」という性善説が成り立たないとは言わないが、相手の人間性と状況による。
信頼出来ない人なら、弱い者から搾取するだろうし、誠実な人であっても困窮したら悪い行いに手を染めるかもしれない。

「そんなの自分には当てはまらないよ」と考える人がいるとすれば、要注意だ。
今回のニュースのような分かりやすい差別だけでなく、身近な日常のそこかしこにそれは存在する。
例えば、部下には堂々と持論を述べるのに、上司にはYESしか言わない、であるとか、友達にランク付けをして、格下(容姿、成績、人気度が低い)には横柄に振る舞い、格上にはあいそよく振る舞うなど、皆一つぐらい心当たりはあるはずだ。

では、差別をするのが悪いと一刀両断するのか?
それは違うと思う。
差別をするのは、人間の「性」。
差別するなーと声高に叫んだり、差別しないように自分を抑えたりするような処遇はするもんじゃない。
自分が”差別しそうになるなぁ”と思ったとき、立ち止まって、”あっ、差別しようとしている”と俯瞰することだ。
その後差別するかしないか、決めたらいい。

やっちゃいけないのは、自分の衝動に任せて、一時の快感や優越感を得るために、差別してしまうこと。

本当に強ければ、そのときの意識の切替方まで習得できるけど、それなり訓練が要る。
だから今は湧いた感情を理解するだけで十分。
差別を無くそうではなく、差別が生まれる瞬間を感じよう。